google     


    
WWW を検索    
このサイトを検索   

自分の力を試してみたい!自分の会社の設立を考えているあなたへ。Let's make the companey.info はあなたの会社設立を全力でサポート!まずはできることから始めよう!

トップページ>成功者達には共通点がある。>会社をつくる意味は何か?

成功者達には共通点がある。

成功する社長達の共通項


成功する社長の共通項

多くの起業家や経営者と接している中で「成功する人の共通項は何なんだろう?」なんていう疑問を抱きます。

その共通項は「マーケティング面」だったり「メンタル面」だったり様々なものがありますが、もし「一言で成功する社長の共通項を教えろ?」と、聞かれたならば私はきっと、こう答えるでしょう。

「意識的か無意識でかは別として、成功する社長は常に自社や自社の商品がどうすれば他にはない『差異性』を持てるのかを考えている」と、いうことです。「差異性」というのは「差別化」と言い換えたほうが分かりやすいかもしれないですね。

つまり、「差別化」こそがビジネスを成功させる極意だということなのかもしれません。「差別化」にも色々な方法があって

今までに無かった画期的な技術で商品を作る(もちろん特許を取得して他者が模倣できないようにした上で)

自身の業種の中でも専門特化を打ち出し、他者が追いつけないノウハウを常に社内に蓄積し続ける

とにかくシェアを奪取して大量の顧客を持ち、大量生産によるコストの優位性を作り出す

社長の個人ブランドを高めて世間の注目を集める

・・・など、色々なアプローチで自社や自社商品に「差異性」を持たせることが出来るでしょう。

そして、差別化された部分があるからこそ、その差別化された部分に価値を見出した顧客が喜んで商品を購入してくれることになり、これは凄く単純な話で、まったく差別化されていない商品なら、どうしても価格競争にならざるをえないのです。

差別化された部分が無ければ、顧客は「価格」で選ぶしかなくなるのですから。

ページのトップへ戻る

------------------------------------------------------------------------------------------------

独立の不安をエネルギーに変える社長が成功する


ズバリ!独立の不安をエネルギーに変えられる社長が成功します!独立することに一抹の不安もないという人はまず存在しないでしょう。

これまで毎月一定の日になると(たとえ少なく思えても)確実に給料が振り込まれていたものが、無くなります。いや、無くなるどころか人を雇用する立場になると、毎月一定の日には給料を支払わなければなりません。たとえ、売上が1円も無かったとしてもです。

では、起業して会社が軌道にのればそうした不安から解放されるのか?という疑問が沸いてきますが、実はいつまでたっても完全に不安が払拭される日はやってこないといえるでしょう。どんなに資金が順調に回っていても、ある日会社に行って見たら顧客企業が「不渡りを出して倒産した」などというニュースが飛び込んでくるかもしれません。そこに売掛金が大量にあったならば、こちらも連鎖倒産しかねないのです。

また、自社が出荷した商品に瑕疵があったことが部下から報告されるかもしれません。そうなったら、顧客からいただいた代金を返金するだけでは済みません。その瑕疵が顧客のビジネスに悪影響を与えれば損害賠償を受ける可能性もあるのです。
消費者の身体に悪影響を与えるようなものであれば、金銭以外の道義的責任も発生してしまいます。

ある日、出社してみたら社員全員の辞表が置いてあり、会社には誰もいない〜なんていうことも事実としてあるようです。社長は毎朝、出社する時に、その扉の向こうにとんでもないBUD NEWSが待っていることも覚悟しなければいけないわけです。
いずれにしても、完全に不安が払拭されることは社長業を引退するまでありえないのでしょう。

では、独立して社長になんてなるものではないのか?というと、そんな事はありません。

『不安を自分でコントロールできるのだ』 という発想に変えれば、むしろ安定した職業と言えるかもしれないのですから。どこの取引先にどれくらいの売掛金まで許容するのか。自社商品の瑕疵に備えて、新商品は少しづつ出荷するという方針もとるこだってできます。常に社員の気持ちを推し量れる環境を作ることも、意識して自分で出来ることだと思います。

確かに社長という職業は、全ての責任を自分が負わなければいけないので「怖い」仕事と言う事もできますが、逆にいえばサラリーマンの時とは異なり全て自分で「コントロール」することができます。サラリーマンの時には、「こんな事をやっていたら、この会社は後に大変なことになるのではないか」と、思っても自分の力だけでは何も変えることは出来ないでしょう。

また、「不安」や「プレッシャー」こそ、成功のエネルギー源にもなるのでしょう。スポーツ選手でも、一流の選手ほどプレッシャーを力に変えていきます。あなたは、「不安」「プレッシャー」を力に変えることができる性格ですか?

ここは、あまり謙遜せずに考えてみてください。「いえいえ、私なんて全然ダメです」なんて誰に言い訳をする必要もないです。
もし、全てを自分で決められて、その結果も全て自分で負う。そして、自分で全て決められるのであれば、実は何とかなるという自信が自分の中に本当はあるのなら大丈夫です。

もちろん、実際に走り出せばそう簡単なことばかりでは無いと思いますが、「不安」「プレッシャー」はいつしかあなたにとって心地よいエネルギーに変わっていくはずです。

Favorite

小宮生也のページ
http://www.khk.gr.jp/introduce/2331190.html

Last update:2017/2/16

ページのトップへ戻る

トップページなぜ、会社をつくるの?
事業を始める前にやるべきこと!
新会社法の基礎知識
税務の基本を学んでおこう!
会社設立時の落とし穴
LLC とは?
成功する人の共通点

免責事項
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
当ホームページの掲載情報の正確
性については万全を期しております
が、利用者が当ホームページの情報
を用いて行う、一切の行為について
このサイトの管理人は何ら責任を負
うものではありませんので、 ご了承
のほどを、よろしくお願い致します。