google     


    
WWW を検索    
このサイトを検索   

自分の力を試してみたい!自分の会社の設立を考えているあなたへ。Let's make the companey.info はあなたの会社設立を全力でサポート!まずはできることから始めよう!

トップページ>なぜ、会社をつくりたいのか?>事業を始める前にやるべきこと。

なぜ、会社を作りたいのか?

なぜ個人事業ではなく会社を作るべきなのか?


なぜ、個人事業ではなく会社を作るべきなのか?

事業は『会社』じゃなくて個人事業という簡易な方法で行うことも可能です。個人事業なら税務署に紙を一枚提出すれば今日からでもすぐに始めることが出来るでしょう。・・・しかし、世の中ではなぜこれだけ『会社』が作られているのでしょうか?
「節税」のためでしょうか? 

確かに「節税」目的の法人設立というのもあります。しかし、売上のメドも立っていない起業時に税金のことを考えてもなかなか予測どおり節税が実現されるかは正直難しい話でしょう。

では、何の為に多くの人が「個人事業」ではなく「会社設立」を選択し、勢を出すのでしょうか?・・それは、ひとえにビジネスの成功確率と成功規模を高めるためと言えます。

個人事業では多くの会社が取引さえしてくれません。

個人事業では投資をしてもらい資金を増やすことができません。

個人事業では金融機関も融資をなかなかしてくれません。

個人事業では有能なスタッフを雇用できる率が低くなります。

------------------------------------------------------------------------------------------------

なぜ、個人事業だと取引をしてもらえないのだろう?

たとえば株式会社であれば債権者(会社と取引をする人)を守る法的な規定があります(会社内に留保された利益を勝手に株主に配当して外部に流出させることが出来ない〜など)。しかし、個人事業ではそのような規定も何もありません。

よく「会社にしないと取引してもらえない」という事を耳にするかと思いますが、それは意味があってのことなのです。個人事業では株式会社のように、そこに携わる人々の権利関係も明確になっていません。株式会社の場合では、いくら出資をしたから会社の利益を何%享受できるという事も明確です。

しかし、そもそも個人事業には「出資」という概念が無く、有望なノウハウやアイデアがあっても他の人に投資をしてもらうということが困難になってきます。国民生活金融公庫などでは個人事業にも融資をしますが、銀行となるとやはり法人でないと融資を受けるのはなかなか難しいのが現状です。また、銀行の場合は法人であっても1〜2期が経過していないと融資審査の対象にさえなかなかなりません(そういう要件があるので)。

ですから個人事業のままでいる限り、いつまでたっても大きな融資も受けられないのです。いざという時に融資が受けられなければ事業はその瞬間に終わってしまうでしょう。求人をしても会社組織になっていないと、なかなか良い人材を取ることが難しいのは想像の通りでしょう。


また、結構多くの方が、「個人事業でやってみて、軌道にのったら会社化しよう」と考えますが、この発想は実は逆なのです。

上記のとおり会社組織にしておかないと人の協力(取引、融資、投資、従業員雇用)を得ることが難しいので「軌道にのせる」こと自体がそもそも困難なのです。もちろん全てが会社組織にしなければいけないという訳では全くありません。

それに、それほど多くの人に協力してもらう必要もなく、小さな範囲で自分の力だけで仕事をする。つまりは職人的に仕事をするということであれば個人事業が適しているのではないかと思います。

しかし、もし職人ではなく経営者を目指していて、事業を少しでも拡大していきたいということであれば税金がどうのこうのではなくて、『会社』であることが必要になってきます。

注目サイト

脱毛サロン 仙台

最終更新日:2017/7/12

ページのトップへ戻る

トップページなぜ、会社をつくるの?
事業を始める前にやるべきこと!
新会社法の基礎知識
税務の基本を学んでおこう!
会社設立時の落とし穴
LLC とは?
成功する人の共通点

免責事項
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
当ホームページの掲載情報の正確
性については万全を期しております
が、利用者が当ホームページの情報
を用いて行う、一切の行為について
このサイトの管理人は何ら責任を負
うものではありませんので、 ご了承
のほどを、よろしくお願い致します。